2005年02月19日

革製品のイージー・フルオーダーの流れ

5e70b1cc.jpg革製品のオーダーをお考えの御客様に参考になるお話をしましょう。御客様M様の例でオーダーまでの流れをご紹介します。M様はすでに革スーツをお持ちでしたが、弊社スーツを作りたいとのご希望でしたので、あらかじめ電話で身長・体重・現在使用のサイズを伺い一番最適と思われるサンプルサイズスーツを取り寄せておき、来店頂き試着をして頂きました(通常この段階で体にフィットして問題がなければイージーオーダーになります)。試着してライディングポジションを取ったり、着心地を検討した結果、今回はイジーオーダーを同時修理で修正をかけるよりもフルオーダーで対応の方が希望に沿う製品が出来るとの判断になりました。フルオーダーは、全身17箇所の採寸使用目的により、細かな要求に応えることが可能です。M様もエアロパット、パンチングメッシュ、革ネーム、持込ワッペン取り付け等により世界で一着の拘りのレーシングースーツをお求めになりました。現在スーツーは本社工場にて製作の最中です(写真は手書きで起こしたオーダー用紙と革ネームです)。
クシタニ熊本店では、あのレーサーが着ていたスーツのレプリカが欲しいなど、お客様の拘りに応えて行きたいと考えています。  

Posted by kushitanikumamoto at 12:55Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月14日

カントリージーンズ染め替え

6c914009.jpgお客様よりお預かりのカントリージーンズです。今回のご依頼は染め替えです、基本的にどのような状態でも出来ますが、使用程度傷などにより全く新品の状態の風合いには戻りません。
愛着のあるカントリージーンズをさらに長期に渡ってご使用されるためのリニューアルとお考えください。

クシタニでは革製品の全体サイズ直しから、細かな改造、クリーニングを承っています(強度に問題があるもの、グローブは修理が出来ません)。
見積り後、確認頂いてからの修理の選択も出来ます。  
Posted by kushitanikumamoto at 17:56Comments(0)TrackBack(0)